イメージ画像

簡単にたるんだ顔を引き締める方法

年齢とともに少しずつたるむフェイスライン。たるみの原因は、表情を支える役割があるコラーゲンの減少です。顔には40種類もの表情筋があるのですが、加齢によってコラーゲンが減ってしまうと支えきれなくなります。その結果、顔が垂れてしまうのです。

体重によってたるむというわけではないので、ダイエットでは肌のたるみは解決できません。 しかし放置していると、二重あごの原因になってしまいます。二重あごには原因は主に「体重の増加」と「たるみ」ですから、これらを改善しないことには、フェイスラインがスッキリしません。

二重あごの見分け方を挙げておきますと、あごをグッと引いた時にシワが元に戻らなれば二重あごです。 この二重あごは脂肪が硬くなってしまうと落ちにくくなり、大変やっかいです。 一刻も早く対策するようにしましょう。

さて、フェイスラインを引き締める前に、たるみチェックをしてみましょう。まずは天井を見上げた状態で、鏡で顔を見てみてください。これが本来のフェイスラインとなります。

次にさっきとは逆で、上から鏡を覗き込むようにして見てください。たるみが酷い時の顔が確認できたかと思います。このたるんだフェイスラインを改善するマッサージ方法を紹介します。 洗顔の後の手入れの際にできる方法なので、毎日続けて引き締まった顔を手に入れてくださいね。

保湿力のあるクリーム、またはゲル状の美容ジェルを手にとってください。量はマスカット1粒くらいの大きさでOKです。それを顔と首全体に伸ばしましょう。首筋のリンパを左右10回、上から下へと1.5秒かけてマッサージします。

この時に痛みがあったら老廃物が溜まっているということです。このようにして少し痛いくらいの強さで行ってください。

次に親指をあごの先に置いて、顔の輪郭に沿ってスーッと5~10回滑らせましょう。あごと同じように、小鼻の横から耳に向かって指を滑らせます。仕上げに首のリンパを再度マッサージして、鎖骨のツボを押して終わりです。

実際にやってみるとすぐに終わるものなので、お風呂上がりなどに取り入れてみてくださいね。

このページの先頭へ