イメージ画像

アンチエイジング しわと化粧品について

男性女性問わず、加齢に伴うお肌の衰えというのは悩みの種だと思います。お肌のしわやたるみ、シミといったものは、人間として年齢を重ねていく上で避けられないものですが、その発生を出来るだけ遅らせたり、少しでも目立たなくしたいというのが皆さんの共通した想いではないでしょうか。

とはいえ、化粧品というものは人それぞれで、合う合わないが分かれるので、本当に自分に合った化粧品を見つけるまでには、それなりの時間と費用がかかる可能性もあります。

前述したように、高価な化粧品だから自分にピッタリ合う、という訳ではありません。「あまり自分の肌に合わないみたいだけど、高かったから・・」と使い続けていると、却って逆効果になることもあり得ます。

ドラッグストア等にある安価な化粧水であっても、自分の肌との相性がよければ、それをティッシュに含ませてお肌にパッティングする保湿対策を毎日行えば、目元の小じわ等は最小限に抑えることが可能です。

乾燥はしわの最大の原因ですから、保湿というのは最も大切な対策になります。可能であれば毎日でもパックしましょう。それによりお肌に潤いが保たれて、小じわを予防することができます。

しわの大きな原因のもう一つは紫外線です。紫外線の影響によるしわを予防するためには日焼け止めが必須アイテムです。実は紫外線というものは、部屋の中にいても少量ながら浴びています。蛍光灯などからも紫外線は照射されていますから、屋内だからといってケアを怠るのは禁物です。

外出時もノーメイクで出かける、という方をたまに見かけますが、しわの予防という観点から見ると、これは非常にリスキーといわざるを得ません。確かに素顔で街を歩く、というのはある意味うらやましいことではありますが、年齢を重ねていった将来のことを考えると、最低限の紫外線対策は絶対に必要です。

下地やファンデーションといったものの役割の一つに、お肌の保護という側面があることを忘れてはなりません。

このページの先頭へ